メトロ

古着のタグ その103

  • Posted by: メトロ
  • 2018年10月27日 16:54
  • 古着

近年このブログは古着のタグ紹介用となってますが、今日もタグを紹介していこうと思います。

20181028a.jpg

「オルフェの城」
オルフェというのは「オルペウス(オルフェウス)」というギリシャ神話の登場人物のようで、自分は「黒いオルフェ(という映画の主題歌)」を思い浮かべてしまいます。アストラッド・ジルベルトの歌う日本語歌詞の「黒いオルフェ」が好きです。

アストラッド・ジルベルト「黒いオルフェ」
Youtube


20181028b.jpg

「点と線」
フォントもひびきも素敵なタグです。70s後半~80s前半あたりでしょうか。

20181028c.jpg

「yu・き・ko」
昨年見つけたタグですが、載せるの忘れてました。やはりこれは「MUGO・ん...色っぽい」を意識してるのでしょうか。1988年の曲なのでそのあたりの年代の服かもしれません。

20181028d.jpg

「詩人」
昔のタグって詩とか詩人とか、そんな言葉をちょくちょく見る気がするのですが、現代では「詩人」という単語自体をあまり聞かない気がします。昔は沢山詩人がいたのでしょうか。

20181028e.jpg

「1 1/2」
某古着屋さんにちょっと近い名前ですね。"SHATO,CO.,LTD"というスペルも気になります。情報が不足してた時代、こういう強引なスペルはよくあることです(お城【シャトー】だとしたら正しいフランス語のスペルは【château】)。

20181028f.jpg

「S PORTS」
ゴールドの市松模様がなんとなくチェッカーフラッグを連想させますが、左の二人は一体何のスポーツをしてるのでしょうか。

20181028g.jpg

「変身」
フォントが渋いです。

20181028h.jpg

「晴舞台」
以前(7年前)、このブログで紹介した「檜舞台」にニュアンスが近いですね。すごい気合い入れてきたと思われそうで他人に見られるのが気恥ずかしいタグかもしれません。

また半年後ぐらいに更新します!

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

古着のタグ その102

  • Posted by: メトロ
  • 2018年3月17日 18:46
  • 古着

久しぶりのタグ紹介です。実はその100を更新したあとに気づいたのですが、72が抜けてたので実はこれが101になります。過去のブログをさかのぼって修正するのが面倒なのでこのままいくことにします。

20180317a.jpg

「黒い瞳」
怪しげなデザインのフォントと瞳が目をひきます。瞳はよくみると星型です。

20180317b.jpg

「みゅう」
脱力系タグ。フォントもなんかかわいいですね。

20180317c.jpg

「めえるえめ」
80sな空気を感じるネーミングセンスですよね。"めえるえめ"ってなんだろうと考えてみたのですが、フランス語"La mer aimée(愛しの海)"と推測してみました。

20180317d.jpg

「六文銭」
渋いですね。こういう渋い江戸っぽいタグの仲間(檜舞台とか)もちょくちょくあった気がします。

20180317e.jpg

「月馬」
これはちょっと制服っぽい服についてたタグです。月と馬のリアルな感じが良いですね。

20180317f.jpg

「窓」
これも渋めです。フォントが特徴的です。

20180317g.jpg

「SABOTEN HAT」
あ、帽子かぶせるのそっちなんですね。そのチョイスにセンスを感じるタグです。

20180317h.jpg

「F Lolan」
このFもLolanも上の3つのシンボルも意味は不明ですが、異国情緒と高級感はなんとなく感じます。Fが一番謎ですね。

20180317i.jpg

「プチ・カジュアル」
この一方通行のマークのグラデーション、Word(Microsoft Office)で作成したような雰囲気です。一方通行のマークがプチカジュアルって感じがしないし、なんか唐突ですよね。

またタグがたまったら載せてみたいと思います!

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

古着のタグ その101

  • Posted by: メトロ
  • 2017年8月11日 17:43
  • 古着

今日は久しぶりに古着のタグを紹介していこうと思います。

20170811a.jpg

「れげんめるく」
いきなりちょっと意味がわからないタグですが、れげんってドイツ語っぽい響きだなぁと思って調べたけど"めるく"という単語はドイツ語にはなさそうでした。

20170811b.jpg

「FAT GOLFER」
右の英文の意味がよくわからないのですが、このタグの付いてた服は特に大きいサイズではなかったです。

20170811c.jpg

「TO an' FrO」
大文字小文字の配置もですが、ツー・アンド・フローと読ませるところがアバンギャルドですね。

20170811d.jpg

「piccini」
いかにもイタリアっぽい響きのタグですが、左右が赤と緑に別れた四角もイタリアを匂わせてますね。この胡散臭さは間違いなく昭和です。

20170811e.jpg

「セラヴィ」
これは「C'est la vie(人生ってこんなもんさ)」ではなく、「C'est Ravi(それはラヴィです)」というところがポイントです。Raviって何ですかね。

20170811f.jpg

「san raizu」
上のセラヴィも間違ってるとは断定できませんが、これもraizuが怪しい気がします。間違ってるとは断定できませんが。

20170811g.jpg

「ガキ大将」
これは女性物のセットアップについてたタグですが、女子ウケ悪そうですよねぇ。
これ以下4つのタグはなんとなくフォントが面白かったので写真に撮っておいたものです。適当に貼っておきます。

20170811h.jpg

20170811i.jpg

20170811j.jpg

20170811k.jpg

また適当に溜まったら紹介します!

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

古着のタグ その100

  • Posted by: メトロ
  • 2016年10月 1日 17:53
  • 古着

長らくブログを放置しておりましたが、久しぶりに古着のタグ紹介をしようと思います。
古着のタグシリーズは今回でついに100回目となりました。前回からおよそ1年3ヶ月ぶりの紹介です。昔ほど衝撃的なタグを見ることが減りましたが、なんとなくちょっと気になるタグを撮りためていたので、13枚紹介したいと思います。

20161001a.jpg

「イギンの礼服」

礼服のタグのようですが、アフロの人たちがなんかかっこいいです。

20161001b.jpg

「ミック キャラメル」

シンプルですが、よくわからないタグです。

20161001c.jpg

「エディシャン」

ミュージシャンやマジシャンのような何かだと思うのですが、エディシャンは何をしてる人かはわかりませんでした。仮に何かをしてる人だとしても、タグに使うのはどうかと思うのですが。

20161001d.jpg

「Pearl Lady」

後ろ姿が素敵な女性です。フレアパンツの着こなしもかっこいいです。

20161001f.jpg

「CRÉ VARTAN」

この時代、VARTANというのは大体シルヴィー・ヴァルタンが由来だと思うのですが、タグの意味は不明です。そばかす娘の雰囲気がいい感じです。

20161001g.jpg

「Shaplan」

Y&Bのフォントは凝ってるのですが、女性のイラストが不思議な感じです。

20161001h.jpg

「??」

これ、本当に読めないです...。左の蝶々が何か関係してるのがヒントかもしれません。

20161001i.jpg

「プティモンド」

70sっぽい雰囲気のタグですが、こういう絵のタッチあったなぁと思わせるタグです。

20161001j.jpg

「ラブフク」

おそらくラブフクと読むのだと思います。

20161001k.jpg

「ギャル&ブーケ」

このタグのネーミングに違和感を感じるのは、現代のギャルという言葉のニュアンスのせいかもしれません。

20161001l.jpg

「Lupin FOR FRESH MEN」

メンズのタグはやはりシブいのが多いです。Lupinより"FOR FRESH MEN"のほうが目立ってます。ところでこのシャツの持ち主らしき渡辺○夫さんの左の〒マークには何の意味があったのでしょうか。

20161001m.jpg

「VERO UOMO」

ドイツかベルギーの国旗の配色ですが、イタリア語です。VERO(真の)UOMO(男)。やはりメンズはシブいです。

今回紹介が長くなってしまいましたが、このシリーズが100回も続くとは思ってませんでした。近年はこのタグ紹介がブログの存在意義のようにもなってる気がします。ブログという場で情報を発信することが少なくなってしまいましたが、気が向いたときにまた更新したいと思います。

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

SEDA1月号に掲載中!

20151207a.jpg

現在発売中のSEDA1月号の「GO!GO!USEDショップ PERFECT GUIDE」に名古屋のUSEDショップとして紹介していただきました。

20151207b.jpg

こんな感じで中に綴じ込みの別冊のようになってます。全国誌の掲載は実に4年ぶりでした。やっぱり古着の特集はかわいいですね!

20151207c.jpg

もうすぐ今年も終わりということで、年末年始の営業時間もお知らせします。

12/30(水) 12:00~19:00
12/31(木) お休み
1/1(祝) お休み
1/2(土) 11:00~19:00
1/3(日) 11:00~20:00
1/4(月) 11:00~20:00

年内は30日までお休みなく営業しておりますので、是非冬物探しにふらっと寄っていただけたらと思います!

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

3日間限定サマーセール と マクロレンズ

p254.jpg

明日からの25(土)、26(日)、27(月)の3日間限定でサマーセールを行います。
セール開催中の3日間は店内のお洋服やアクセサリー、靴、バッグなど全て10%オフ、2点以上お買い上げで20%オフとさせていただきます。普段あまりセールをしない分、なるべくリーズナブルな価格でお出しできるよう努力してますので、気になるアイテムはこの機会に是非!オンラインショップのアイテム及び、店内セールラックの商品は対象外とさせていただきます。

ところで話は変わりますが、先日カメラのレンズを買いました。
PENTAX-D FA マクロ 100mm F2.8 WRというレンズです。

20150724b.jpg
(写真をクリックで拡大)

レンズが届いた日に記念に撮影したトマト。マクロの望遠レンズということで、迫力のある絵が撮れると思います。レンズも然ることながら、被写体(トマト)が良い!旬のモノというのは美味しいですね。

20150724a.jpg
(写真をクリックで拡大)

届いた翌日、何か被写体になる虫はいないかと探してて、庭でヒョウモンチョウを見つけました。そもそもこのレンズを買おうと思ったのは最近虫への興味が高まり、虫を撮るのに適したレンズが欲しくなったからです。ヒョウモンチョウといえば、昨年秋頃に偶然幼虫を撮影してました。

20150724c.jpg

スマホでの撮影なので画像は大したことないのですが、この子が成虫になったらどんな風になるんだろうと、ちょっとそわそわしたのを覚えてます。完全変態の蝶々はとても神秘的な生物だと思います。虫に関しては素人ですが、ちょっと目を向ければとっても刺激的な世界が広がってて、そんな一見非日常的な日常を撮れたらと思います。

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

古着のタグ その99

  • Posted by: メトロ
  • 2015年6月20日 19:02
  • 古着

ついにタグ紹介も99です。あと1回で100回目です。100回目を記念するよいネタが見つかるといいのですが。

20150620a.jpg

「さんびび」

意味は良くわかりませんが、ちょっぴりホッとするようなタグです。ワンピースのタグなのにこのブーツ。

20150620b.jpg

「茱萸」

グミってこういう漢字書くんですね。真ん中にひらがなで"ぐみ"って書いてあるのがかわいいです。

20150620e.jpg

「リーベ」

蝶々と女性の横顔、とても雰囲気が良いです。

20150620c.jpg

最後は「パジャマ」のタグです。右のタグ、濁点がハートになってたりとてもかわいいです。

20150620d.jpg

パジャマ自体もとてもかわいいです。パジャマはタグ付きでお店に並んでますので、気になる方は是非!
今日はかわいいタグばかり紹介しましたが、変なのもまた見つけていきたいと思います。

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

猫とおさば草

  • Posted by: メトロ
  • 2015年6月15日 18:56
  • その他

201506151.jpg

先週末、母方の実家の中津川へ行ってきました。年に2回ぐらい行くのですが、中津川のことをブログに書くのはどうやら2年半ぶりのようです。そもそも告知と古着のタグ紹介以外でブログを書くことがめっきりなくなってしまったのがいけないのですが...。
2年半前のブログ(2012年末)によると、他所の家で飼ってた猫が住み着いて、それまで住んでた猫は死んでしまったり、突然いなくなってしまったりで一時期は猫がいなかったのですが、1年ほど前に伯父の近所の家の方が「あんたのとこの猫の子供だ」と言って仔猫を持ってきたそうです。多分この2匹のうちのどっちかの仔だと思うのですが。※下の2匹は2011年頃の写真です。

20110612h.jpg

neko0911015.jpg

どっちも警戒心は強いけど人懐っこい性格だったのですが、この仔は初対面でもすぐ甘えてくる人懐っこい仔でした。


201506152.jpg

中津川では様々な農作物を伯父が作ってるのですが、ヘチマが干してありました。そういえば昔、ヘチマで体洗ったり、乾燥させたヘチマで靴の中敷を作ってたのを思い出しました。こんなに沢山のヘチマが干してある光景もなかなか新鮮でした。

201506158.jpg

もぎたての枇杷を食べたり。やや若かったですが、香りがとても良かったです。

201506153.jpg

今は伯父が一人で住んでるので、使ってない部屋がいくつかあるのですが、この部屋は昭和で時が止まってる感じでした。

201506154.jpg

今回中津川に行った目的の一つは祖父が第二次世界大戦の頃、ロシアや満州などに渡った時の写真があると聞き、是非見たいと思ったからでした。色々探してみたものの見つからなく、代わりに昔の辞書(江戸、明治、大正時代のどれか)や昭和初期の教科書などが出てきました。中でも一番興味深かったのがこの小学校の文集です。昭和3年のものですが、子供の書く文章ってかわいいですね。女の子は特に人形あそびが好きだった子が多いようで、「妹がお人形にごはんを食べさせるといって顔を汚してしまった」とか、「お姉ちゃんのアメリカ製の人形が欲しくてぐずったら叱られた」とか、とってもかわいいです。

201506157.jpg

タスチャン、かわいいです。






そして一番上の写真の猫ですが、先月末になんと4匹の仔猫を産んでました。

DSC_8569.JPG

伯父の話によると、2~3日前に目が開いたばかりとか。仔猫が生まれてたなんて全然聞いてなかったので見ることができてとっても幸せでした。お母さん猫も仔猫もさわってもほとんど怒らず、沢山撫でてきました。仔猫たちはほぼずっとお乳を飲んでたので、あんまり見てても悪いかなぁと少し気を使ったりはしたのですが。

201506156.jpg

伯父に「欲しけりゃあげるよ」と言われたのですが、現在の家では飼えないのでいただきませんでした。母猫と仔猫たちに会えて満足でしたが、猫を飼いたい欲求が余計に増す一日でした。

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

Index of all entries

Home

Calendar
2018 10 »
S M T W T F S
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
Radio Yé-Yé!
Search

Links

にほんブログ村 ファッションブログ 古着へ
にほんブログ村
Recommended Music
フランス・ギャル・グレイテスト・ヒッツ 夢見るフランス・ギャル ~アンソロジー '63 / '68
Les Miladys la collection 62-66
ベスト・オブ・BB Here & Now
Let's Go! Joe Meek's Girls SPICED WITH BRAZIL
ザ・ガール・フロム・ボサ・ノヴァ~デビュー40周年記念ベスト Hello Hello: The Best of Claudine Longet
Ridin' The Wind : the Anthlogy Todas Sus Grabaciones
1964 - 1969 フォーク・アルバム
ペイパー・ドールズ・ハウス+6 トゥデイ!

Return to page top