Home > 古着 > ジョルジュ・バルビエの画集

ジョルジュ・バルビエの画集

  • Posted by: メトロ
  • 2012年8月12日 16:18
  • 古着

gb1.JPG

先日、大きな本屋でふと目に止まった画集を買ってきました。

ジョルジュ・バルビエ-優美と幻想のイラストレーター

ジョルジュ・バルビエ(詳しくはWikiを参照)は20世紀初頭に活動してたアール・デコのイラストレーターです。この本は昨年の秋頃発売されたのですが、今まで全く気づきませんでした。たまには普段行かない本屋へ行ってみると、新しい発見があるものですね。写真ではややわかりにくいかもしれませんが、この本の表紙はラメっぽい加工がされてて、実はそれがあまり好きではないのですが、中のイラストはとても素敵です。ジョルジュ・バルビエのイラストがどんな感じかは画像検索(検索結果はこちら)を参考にしていただけるとわかりやすいと思います。見てて飽きないこの画集ですが、最近気づいたことがありました。

gb2.JPG

上の画像はパリのファッション誌のイラストです。シノワズリーの影響を受けたファッションの素敵なイラストですが、これを見た時に何処かで見覚えがあるなぁと思ったのです。

gb3.JPG

こっちが似てると思った私物のシャツの柄の画像です。並べてみると(並べた画像)わかりやすいのですが、このシャツは間違いなくバルビエのイラストをモチーフにして描かれたものだと思います。

gb4.jpg

もう一つはこの「L'Air」という作品です。こちらは以前ブログで紹介した(記事はこちら)シャツの柄でした。

BL0808183.jpg BL0808182.jpg

BL0808184.jpg BL0808181.jpg

絵は分割されてますが、これはもうそっくりそのまま使われてますね。
一番下の人だけオリジナルでしょうか?L'Airの方には描かれてない人物です。

アール・デコは1910年代半ばから1930年代に流行したものの、その後衰退し、1960年代になって再評価されたのですが、その影響が60s、70sの古着の柄に表れてるのだと思います。私は古着の柄でも人物の柄が一番好きなのですが、それはアール・デコ(もしくはアール・ヌーヴォー)への憧れなんだと思います。アール・デコ様式のイラストレーターの中でもバルビエは特に素敵だと思いました。
ジョルジュ・バルビエの画集の中には挿絵的な小さなイラストやタイポグラフィも沢山載ってますので、画像検索のイラストの雰囲気などに興味を持った方、オススメです!

Home > 古着 > ジョルジュ・バルビエの画集

Calendar
« 2012 8 »
S M T W T F S
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
Radio Yé-Yé!
Search

Links

にほんブログ村 ファッションブログ 古着へ
にほんブログ村
Recommended Music
フランス・ギャル・グレイテスト・ヒッツ 夢見るフランス・ギャル ~アンソロジー '63 / '68
Les Miladys la collection 62-66
ベスト・オブ・BB Here & Now
Let's Go! Joe Meek's Girls SPICED WITH BRAZIL
ザ・ガール・フロム・ボサ・ノヴァ~デビュー40周年記念ベスト Hello Hello: The Best of Claudine Longet
Ridin' The Wind : the Anthlogy Todas Sus Grabaciones
1964 - 1969 フォーク・アルバム
ペイパー・ドールズ・ハウス+6 トゥデイ!

Return to page top